健康に対する漠然とした不安

現在、特に大きな病気をもっているわけではありませんが、健康に対して漠然とした不安がある人は多いのではないかと思います。

すくなくとも、自分は、高齢者をたくさん見てきたせいかもしれませんが、健康を保つのは大変だと感じています。

周りのたいていの高齢者はどこかに疾患を持っていて、そのせいで苦労して生活しているのがわかります。

これから自分が高齢になっていくと同じように何か痛めたりして、苦労するんだろうなと思っています。実際、人間だれでも身体の中に生まれつき弱い部分があるはずです。

若いうちはよいものの、年齢を重ねるうちにその弱い部分に病気がとりついたり慢性的に痛めるといった事が起こる可能性が高まると思います。

そして、じわじわと身体にガタがきて、あるところまでくると健康ではなくなっているというパターンが多いのでだろうと思います。

近年、医学の発達でたいていのものは治るようになりましたが、それでも、加老にたいして対抗するのは難しいと思います。運動が良いとか、健康食品が良いとか、食べ物をどうしたらよいとか、などいろいろな対策があると思いますが、少しでも健康を維持するには、自分の身体の特徴を知っておく事がまず大切だと思います。

健康診断などでデータをみて勉強したり、身体がどんな場面で問題を起こしやすいかなどを理解して養生していくのが良いと考えています。

私が健康に為にしてる頭皮ケア⇒すこやか地肌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です