自分自身と家族の健康について

私は、結婚するまで自身や家族の健康に対してそこまで考えた事ありあせんでした。結婚してからは、献立を毎日考えないといけなくなり、旦那は肉好きなのもあり、なるべく揚げ物は避けたり魚や野菜料理も取り入れて、メニューを考えてます。

旦那も、私と結婚する前は、ファーストフード・コンビニ弁当で済ませていたらしくこれは、改善していかないといけないと思いました。

昨年10月中頃くらいに腸にポリープが数個出来ていて、摘出しました。しばらくの間は、おかゆのみで食べたいものも食べれない生活でした。それからより、食事や健康に対する意識が変わり、旦那自身も自分でネットで調べたりして献立を「こうしてほしい」「毎日○○出して」など、健康の為に要望をだしてくるようになりました。

母も一緒に住んでいるのですが、昔から少し高血圧で中性脂肪が少し高く、ご飯も食べ過ぎてしまう性格なので、しっかり噛む・ゆっくり食べるを守ったり家族皆でお互いの健康を管理しています。

1人の体ではなく、家族皆の体でもあるので大丈夫と思いこむのではなく、防ぐ為にも健康であっても見直したり意識することがお互いの将来の為にもなると思うので、若い世代から1人1人しっかり考えるべきだと思います。

誰がいつ何処でどうなるか分からないので、自分の体は自分で家族で守りましょう。

“自分自身と家族の健康について” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です